行政書士の報酬の全て

行政書士の報酬は生活ができないほどか?

インターネットなどで見られる情報では、行政書士の報酬は安く生活ができないほどであるなどということが書かれているのをよく目にします。
試験自体も簡単で、サラリーマンであれば数か月勉強して合格できるなどという書き込みもあったりするわけですが、こういった情報に信憑性はあるのでしょうか。

インターネット上のこういった情報の大半は憶測で書かれています。
試験を受けたこともない人が、他からの情報を転用して書かれていたり、噂話から記述したりするのです。
現在の試験は以前のような低難易度の試験ではなく、かなり難しいといわざるを得ないほどの難易度になっています。
つまりインターネットで簡単だという人の情報は、すでに過去のものなのです。

では、報酬が安いのは本当かといえば、報酬額調査の結果を見る限り、そんなに安いといえる金額ではありません。
数万円の報酬の案件であっても、慣れれば一日で仕上がるものもありますから、数をこなせればかなりの額になってくるのは誰でもわかります。

なにが、この情報の根幹にあるかといえば、行政書士の資格取得プロセスにも問題があります。
資格取得は試験だけではなく、弁護士、税理士、弁理士、公認会計士であれば登録するだけでなれます。
こういった人たちにすれば、行政書士は片手間であり、小遣いを稼ぐための手段でしかありません。
本業ではありませんから、仕事が発生すればいいという程度なのです。

行政書士は食べられない仕事ではなく、どんな仕事とも一緒で、努力しなければ食べられない仕事ではあるのです。

<