行政書士の報酬の全て

報酬を高めていくために相性がいい資格を考える

行政書士が報酬を得るには、書類を作成して報酬を得ることになっていきます。
仕事についての対価を得るわけですから、常に仕事をしていかなければ何も得られません。
そこで、仕事の量を増やすために、他の資格も有効に利用していく方法があります。
一般的に言われるダブルライセンスです。

行政書士にも相性がいい資格というものがいくつもあります。
その中でも相性がいいといわれるのは、社会保険労務士です。
社会保険労務士はもともと同じ業務範囲にあったものを独立して作られた資格です。
開始当初は、行政書士が無試験で取得することができ、一万名近い人が社会保険労務士になったほどです。
会社の労務を扱える資格ですから、会社設立に関する書類を作成後に、労務を扱えるために長い時間取引することができるわけです。
それだけ、数多い顧客数を抱えなくて、忠誠度の高い顧客を抱えることで経営を支えていけるようになります。
その点では、税理士も相性がいいといえますが、税理士資格を取得するということは、行政書士は無資格で登録できるようになるため、どちらを主にするかという問題が生じてきます。
中小企業診断士も、社会保険労務士と同様に企業とともに歩む資格ですから、相性はいいといえます。

付加価値を高めるという点では、司法書士やファイナンシャルプランナーなども候補に入れることができるでしょう。
司法書士も税理士と同様に、無試験で登録が可能になることから、計画性をもって資格試験を考えなければいけません。
ファイナンシャルプランナーの場合は、複雑な試験制度を持っている資格でありますが、生活にも企業経営にも密接的な部分を持っていますので、付加価値を大いに高め報酬につながっていくのです。

<