ミニあるある?オイル漏れは持病。


ミニあるある?オイル漏れは持病。

ミニの持病です。オイルが漏れてきます !!

オイル漏れは、オイルが入っている証拠です。(笑)

オイル漏れをゼロにするのは難しいです。わずかな漏れは、走行にもメンテナンス的にも問題はありませんが、漏れが気になる、量が増えたらミニの専門店で相談しましょう。

オイル漏れは、自然に治ることはありません。原因を特定しましょう。場合によってはミッションのオーバーホールが必要だったりします。必ず専門店で相談しましょう。

オイルを固めの鉱物油にして回避することもありますが、これもミニのエンジンと相談しながら専門店でアドバイスをしてもらいましょう。自己判断では、トラブルになることもあります。

なるだけ近くの腕のいい専門店を探して下さいね。

ミニのオイル交換は、とっても重要です。乗っても3,000キロ、乗らなくても半年と言われるくらいオイルが命なのです。オイルメンテをシッカリすれば、後は楽しいミニライフが待っています。オイルを注意することで水やバッテリーなどを見る習慣ができて、空気圧やエンジン音などだんだん、ミニの事がわかってきます。

そこが、楽しくなってきたら、ミニは相棒になります。

とにかくエンジンルームを開ける習慣をつけましょう。






 こちらの記事もおすすめです。


1965年クラシックモリスミニマイナーウッディカントリーマントラベラー

古くても不思議な色気がある。 海外では、よくある、納屋に眠っているミニ。突然、現れる、古くてもオリジナルを保ったミニ。カントリーマントラベラーのウッド部分などは、年季が入っていても乾燥状態で保たれていたものは、ビンテージ… 続きを読む »

 

1970年ミニ1275 GT

イエローが抜群に映る。 黄色と言えばフェラーリのイタリアンカラーだが、このスタイルのミニも似合う。スポーツカーらしくなり、カッコイイ。ブラックの内装にブラックのステアリングがマッチしてスポーツ感が出ている。個人的にはこの… 続きを読む »

 

1966年クラシックローバーミニクーパー

MK1 MORRIS MINI COOPER。 グレーのボディに黒のアルミホイールが決まっている。ルーフのソフトトップもお洒落。白とグレーのシックな内装がマッチしている。ミニは、いろんな定番がスタイルがあって本当に楽しめ… 続きを読む »

 

1990年クラシックローバーミニクーパー

1000ccのミニ。   鮮やかなメタリックグリーン。チューニングされて、ボンネットも交換。このボンネットの開き方は、カッコいい。ホイールは、決まってハンドルもクーパー。インテリアは、センターメーターでウッドで… 続きを読む »

 

モリスミニクーパーSモンテカルロレプリカ

ラリー仕様のミニ。   この小さなミニが悪路を走行する。男心をくすぐります。鮮やかなオレンジがナイス。屋根にスペアタイヤ。室内のロールバー。メーター周りも機械式のストップウオッチがついて、レプリカですが、本物さ… 続きを読む »

 

 

関連記事 一覧


BLOG