ミニあるある?ミニはすぐには、走れない。


ミニあるある?ミニはすぐには、走れない。

ミニあるある?発進は、暖機運転の後です。

5分の通勤に10分の暖機運転をしていました。

ミニには、必要な暖機運転。

暖機=「アイドリング」はもともとエンジン内部に潤滑油を行き渡らせて部品がスムースに動くために行うウォーミングアップです。低負荷での運転により機械の構成部品同士の馴染みを促がし、各部の働きを滑らかかつ確実にするのが目的なんです。

冷え切ったミニの鉄のエンジンは、十分に暖機されていない状態で動かすとミッションやエンジン内部を傷をつけてしまうことになります。

エンジンへの負担を減らし、大切なミニに長く乗るためには暖機は避けては通れません。夏は、短めに、冬は十分に暖まる状態になってから発信させましょう。

シッカリ暖機ができても急発進せずにまずは、ソロリ、ソロリと走り出しましょう。このような、不自由もミニに愛着がわいてきます。

一日何回も暖機する必要は、ありません。ただ、エンジンが冷えたら少しは、暖めてから走りましょう。ミニの調子があります。


時間にゆとり持って暖機運転で余裕の一日を。


コメントを残す





 こちらの記事もおすすめです。


1966年クラシックローバーミニクーパー

MK1 MORRIS MINI COOPER。 グレーのボディに黒のアルミホイールが決まっている。ルーフのソフトトップもお洒落。白とグレーのシックな内装がマッチしている。ミニは、いろんな定番がスタイルがあって本当に楽しめ… 続きを読む »

 

1990年クラシックローバーミニクーパー

1000ccのミニ。 鮮やかなメタリックグリーン。チューニングされて、ボンネットも交換。このボンネットの開き方は、カッコいい。ホイールは、決まってハンドルもクーパー。インテリアは、センターメーターでウッドで高級感を演出。… 続きを読む »

 

モリスミニクーパーSモンテカルロレプリカ

ラリー仕様のミニ。 この小さなミニが悪路を走行する。男心をくすぐります。鮮やかなオレンジがナイス。屋根にスペアタイヤ。室内のロールバー。メーター周りも機械式のストップウオッチがついて、レプリカですが、本物さながらなこのス… 続きを読む »

 

1981年クラシックミニピックアップ

レトロなグリーンがバッチリ。 綺麗なピックアップミニですね。メッキ類がピカピカです。古い車が光っているとやっぱりカッコいい。フェンダーミラーはなく、ドアでもなくピラーについたミラーがお洒落ですね。白のホイールがグリーンに… 続きを読む »

 

1971年ミニミニ ウーズレー・ホーネット

テールラインが、決まっている。ミニの仲間。 カテゴリとしてミニなのか微妙ですが、仲間にしましょう。(笑) 初代ミニをベースにしたラグジュアリー・モデルが、ライレー・エルフとウーズレー・ホーネット。一応、ホーネットですが、… 続きを読む »

 

 

関連記事 一覧


BLOG