ミニあるある?腕が鍛えられている。


ミニあるある?腕が鍛えられている。

ミニは、基本的に重ステです。

パワステというアシストはありません。

しかし、乗ってみると意外と軽い。

ミニは、タイヤが細ければ、重ステの中でもラクなほうです。私は気になりませんでした。いつも乗ってると慣れます。車の乗り換えが多い方は、時々、重さを感じるかもしれません。

停車中にラクラクとハンドルを切ることはできませんが、走り出したら問題はありません。意外にもドッシリと安定した感じがします。両手でしっかりと握っているとゴーカートのようで楽しいのです。肩て運転より両手運転が楽しい車です。

車としての楽しみに気が付くミニです。
不便な事も慣れてきます。


コメントを残す





 こちらの記事もおすすめです。


1970年ミニ1275 GT

イエローが抜群に映る。 黄色と言えばフェラーリのイタリアンカラーだが、このスタイルのミニも似合う。スポーツカーらしくなり、カッコイイ。ブラックの内装にブラックのステアリングがマッチしてスポーツ感が出ている。個人的にはこの… 続きを読む »

 

クラシックミニのEV化

目次1 時代は変われども生き残る?!ミニのEV化「Electric Vehicle」。1.1 国内でもEV化「Electric Vehicle」が増えてくる?1.2 ボディカラー1.3 インテリアカラー1.4 レストア&… 続きを読む »

 

1965年クラシックモリスミニマイナーウッディカントリーマントラベラー

古くても不思議な色気がある。 海外では、よくある、納屋に眠っているミニ。突然、現れる、古くてもオリジナルを保ったミニ。カントリーマントラベラーのウッド部分などは、年季が入っていても乾燥状態で保たれていたものは、ビンテージ… 続きを読む »

 

1966年クラシックローバーミニクーパー

MK1 MORRIS MINI COOPER。 グレーのボディに黒のアルミホイールが決まっている。ルーフのソフトトップもお洒落。白とグレーのシックな内装がマッチしている。ミニは、いろんな定番がスタイルがあって本当に楽しめ… 続きを読む »

 

1990年クラシックローバーミニクーパー

1000ccのミニ。   鮮やかなメタリックグリーン。チューニングされて、ボンネットも交換。このボンネットの開き方は、カッコいい。ホイールは、決まってハンドルもクーパー。インテリアは、センターメーターでウッドで… 続きを読む »

 

 

関連記事 一覧


BLOG