ミニあるある?1分の1のオモチャ。


ミニあるある?1分の1のオモチャ。

ミニってプラモデル感覚です。

スケールは、1分の1

パーツや部品がありすぎます。
ミニの最高の楽しさの一つがカスタムです。もう、ノーマルのミニなんて存在しないぐらい、ミニ乗りは、いじくってしまいます。(笑)
専門店もプラモデルのように簡単にいろんな部品を取り付けてくれます。中古市場で販売されているミニは、自分のミニを理想まで作りあげることができなかったミニ、徹底的に満足するまでやりつくしたミニに分かれます。
こうやったら乗り心地は、どうなるだろう?と思ったらショップに相談したらアドバイスしてくれます。同じミニ乗りに聞くとすぐに教えてくれたり乗せてもらったり、ほかのクルマではここまで情報交換できないこともミニのイベントなどでいろいろと知ることができます。それがまたミニの良いところかもしれません。


ローバーミニは、いろんな情報を入手できるクルマです。


コメントを残す





 こちらの記事もおすすめです。


1970年ミニ1275 GT

イエローが抜群に映る。 黄色と言えばフェラーリのイタリアンカラーだが、このスタイルのミニも似合う。スポーツカーらしくなり、カッコイイ。ブラックの内装にブラックのステアリングがマッチしてスポーツ感が出ている。個人的にはこの… 続きを読む »

 

1965年クラシックモリスミニマイナーウッディカントリーマントラベラー

古くても不思議な色気がある。 海外では、よくある、納屋に眠っているミニ。突然、現れる、古くてもオリジナルを保ったミニ。カントリーマントラベラーのウッド部分などは、年季が入っていても乾燥状態で保たれていたものは、ビンテージ… 続きを読む »

 

クラシックミニのEV化

目次1 時代は変われども生き残る?!ミニのEV化「Electric Vehicle」。1.1 国内でもEV化「Electric Vehicle」が増えてくる?1.2 ボディカラー1.3 インテリアカラー1.4 レストア&… 続きを読む »

 

1966年クラシックローバーミニクーパー

MK1 MORRIS MINI COOPER。 グレーのボディに黒のアルミホイールが決まっている。ルーフのソフトトップもお洒落。白とグレーのシックな内装がマッチしている。ミニは、いろんな定番がスタイルがあって本当に楽しめ… 続きを読む »

 

1990年クラシックローバーミニクーパー

1000ccのミニ。   鮮やかなメタリックグリーン。チューニングされて、ボンネットも交換。このボンネットの開き方は、カッコいい。ホイールは、決まってハンドルもクーパー。インテリアは、センターメーターでウッドで… 続きを読む »

 

 

関連記事 一覧


BLOG