ローバーミニの購入のコツ


ローバーミニの購入のコツ

基本的に最初にミニを購入する場合のチエックポイント

出典:http://www.theminiforum.co.uk/

できればミニ専門店に相談する事をお勧めします。

あくまで参考です。例えば知人のミニを譲ってもらう場合や個人売買する場合の

外観の参考程度です。エンジンについては、わかりませんよ。素人には無理です。

●ハンドルの感触

・なるだけ運転しましょう。ハンドルを握ってみてください。
ハンドルを左右に軽く振った時「ガクガク」っと音が鳴る場合や乗った時のガクガク感があるときは、損傷が激しい場合があります。ただ、初めての方は、乗り心地がどんなものかわからないのでこんなものかと思ってしまうので、よく確認しましょう。もともと、ゴーカート感覚ですからね。

●ミニのボディは、基本的にサビやすいので、サビるところをチエック。

・前後のバンパーの取付け部

バンパーはメッキですが、ジョイント部分のネジや取り付けの鉄部分が良くサビています。しかも、磨きにくい。

・天井ルーフも雨水がたまります。
その為、ほとんどのミニは、ルーフのメッキモールは外しています。
更に加工して雨水が抜けるようにルーフの4隅に水抜き穴をあけているミニも
多いです。

・ドアの下半分については、よくサビびます。
雨にうたれた水がドア部分をつたってドアの下部分とボデイの間に溜まります。
雨降りのあとにちょっと拭けば大丈夫ですが、毎回毎回拭かないといけません。
愛着を持つていればそう大変ではありません。
厄介なのがドアの内側にまで廻った水は、拭くことができ

・同じくフロントウインドウの下端もサビやすいです。
ミニは、雨天は、運転しないほうがいいという人もいますが、現実そういうわけにはいきませんよね。

●塗装・ペイントの浮き

古い車です。特に欧州車は、経年するとペイントの劣化がでます。

もちろん保管状態によってペイントの状態に差が現れます。ルーフ・ボンネット・トランク内・フロア床周辺をチェックしてみてください。錆が浮いていたりする場合があります。

●足回り

ミニは、ラバーコーンのサスペンションです。

長期間乗っているとゴムがヘタってきます。車高が低くなっている場合は、注意が必要です。

●エンジン回り

基本エンジンに関しては、カスタムが多いミニは、わかりにくいです。

目視できるのは、ボンネットを開け、エンジンルームのオイル漏れによる汚れ、エンジン下部のオイル漏れ、ミニのエンジンオイルの漏れ、にじみは、ある程度当たり前なので判断しずらいですが、注意が必要です。

※素人の方でも一番感じるのがその車が大切にされていたかどうかです。

汚れや傷やヘコミだけでなく内装にしても綺麗かどうかガレージ保管でミニが大切にされていたか、メンテナンスされていたか、どこのショップで管理されていたか、なるだけ確認しましょう。

クラシックミニに憧れて乗りたい方は、専門ショップを調べてメールで何でも聞いちゃおう。

あなたの街にクラシックミニの専門店があるかチェックしてみて下さい。

 

※お見積りもメールで簡単OKですよ。気になるところも写真で送ってくれますよ。
気になるカスタムや憧れのスタイル、パーツに至るまで相談してください。

クラシックミニに楽しく乗る方法‼


最初に、心得としてクラシックミニは、”1,000%メンテナンスが必要です。”

ミニは、壊れるのではなく、部品の寿命が短かかったり、構造上劣化が早くなったり、グリスアップをして定期的なメンテナンスが必要だったりします。
MINI=すぐに壊れるのではなく、何もしなかったら動かなくなる事がある。が正解です。愛情がいるのです。ミニ愛。

部品は、あります。MINIの部品は、まだまだあります。この車は、メンテナンスしながら乗れば、絶滅危惧車ですが、いつまでも走ります。

ミニは、特別な車です。基本設計は半世紀以上も昔の車です。
ミニの車検や整備は、絶対に自分の家から近いミニ専門店を調べて問い合わせすることからスタートです。
この車を走らすには、愛情と手間ヒマが、必要です。オイル交換をはじめとした点検整備が重要です。乗りっ放しには、できません。 なので、クラシックミニを熟知した専門店で相談して購入して下さい。 優しく、必要以上に説明してくれます。 専門店のオーナーは、商売よりミニが好きでたまりません。 このクラシックカーを一台でも残すために努力してくれます。中には、頑固な職人オヤジもいます。
※ちなみに、オジさんは、最初のミニクーパーを外車専門店で購入、見事にエンジンオイルがダダ漏れ、その他同時多発トラブルでギブアップ。泣く泣く最初のミニクーパーを手放しました。憧れのミニが嫌いになってしまったのです。(反省)でも、しばらくしてまた、買っちゃいました。

ミニに乗ると経験するミニあるある。

参考までに クラシックミニあるある? を読んで下さい。皆さんは、楽しめますか?いや、楽しみましょう。

自分の予算と求めるミニのレベルをしっかりは把握する!!
⇒全国のミニ・クーパーモデルだけをピックアップ
ミニと言えば、ミニ・クーパーと思っている方が多いですが、いろんなタイプのミニがあります。グレード・価格を調べて相場を把握して下さい。
専門店で販売されているシッカリと整備されたミニの価格と自分の予算の開きを確認しましょう。
”何処で買うか?”も大事ですが「”誰から買うか?”も大事です。修理やメンテナンスを気持ちよく引き受けてくれる、専門ショップを探しておきましょう。

専門ショップでも保証がないところがありますから最初にシッカリ確認しておきましょう。


ローバーミニを安く手に入れる方法。

専門ショップを調べていろいろ聞きましょう。
素人にはミニの程度を見極める目利きができません。予算がある方は、最初から将来を見据えてなるだけ部品を交換してもらい、お気に入りのカスタムパーツを最初に組み込んでもらいましょう。
購入後のランニングの費用が掛からないようにしましょう。
予算がない方は、高望みをせず、割り切ってとりあえず走る、曲がる、止まるミニを整備してもらいましょう。ミニを理解して余裕ができたら部品交換しながらカスタムパーツを楽しんで仕上げていきましょう。
どちらを選んでもそれが一番安いミニの乗り方です。
ローバーミニの購入のコツを参考にして下さい。
※ヤフオクなどでの購入は、まず避けましょう。
カーセンサーnetで自分の好きなスタイルのミニを調べて価格を把握する。近くの専門ショップに声をかけてジックリ相談する。これが、一番安心です。

どうしても安く手に入れたい方は、 Gulliverフリマ を利用してみて下さい。

”ローバーミニ”で検索して下さい。お手頃のミニと出会えます。

ローバーミニのパーツ・アクセサリーは、簡単にネットで購入。

有名なミニデルタは、全国50店舗以上の優良協力MINI専門店と提携してパーツの取り付けやアフターサービスもしてくれます。
クラシックミニのパーツ通信販売 ローバーミニ・パーツ 自分のミニを思いっきりカスタムしちゃおう。

ミニのパーツをもらったり中古で手に入れたら持ち込みできるショップに相談して下さい。 頑固オヤジのショップオーナーもいるので確認したほうが、ベストです。


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)





 こちらの記事もおすすめです。


ミニ モンテカルロ・ルーフラック

目次1 ローバーミニ用 中型モンテカルロルーフラック(アルミ製)1.0.1 ドレスアップツールの傑作!!1.0.2 モンテカルロ・ルーフラックの憧れ1.0.3 rover mini monte carlo roof ra… 続きを読む »

 

ミニ エンブレムキーホルダー

目次1 ローバーミニ用 エンブレムキーホルダー1.0.1 自分のお気に入りのミニとお揃いのキーホルダーはいかがですか?1.0.2 さりげなくポケットから英国の雰囲気のキーホルダー ローバーミニ用 エンブレムキーホルダー … 続きを読む »

 

愛され続けるミニに乗ろう!

目次1 今でも愛される続けられるミニ!!1.0.1 多くの人に愛され続けるミニって、本当にすごい。1.0.2 「ミニミニ大作戦」1.0.3 「ミスター・ビーン」 今でも愛される続けられるミニ!! 多くの人に愛され続けるミ… 続きを読む »

 

ジョン・クーパー(John Newton Cooper )

目次1 偉業を成し遂げたジョン・クーパー1.1 ミニ・クーパーの誕生1.1.1 モンテカルロ・ラリーで勝利 偉業を成し遂げたジョン・クーパー 父チャールズ・クーパーは、キングストン・アポン・テムズ王立特別区のサービトンで… 続きを読む »

 

サー・アレック・イシゴニス(Sir. Alec Issigonis)

クラシックミニの設計者 サー・アレグザンダー・アーノルド・コンスタンティン・イシゴニス(英: Sir Alexander Arnold Constantine Issigonis 、1906年11月18日~1988年10… 続きを読む »

 

 

関連記事 一覧


豆知識