サー・アレック・イシゴニス(Sir. Alec Issigonis)


サー・アレック・イシゴニス(Sir. Alec Issigonis)

クラシックミニの設計者

サー・アレグザンダー・アーノルド・コンスタンティン・イシゴニス(英: Sir Alexander Arnold Constantine Issigonis 、1906年11月18日~1988年10月2日)はギリシア系イギリス人の自動車技術者である。特にブリティッシュ・モーター・コーポレーション(BMC)が1959年に発売した革命的な小型大衆車・ミニの設計者として今日でも記憶されている。
また、ジョン・クーパー(John Newton Cooper )によりチューニングされたミニは、レース界においても輝かしい金字塔を打ち立てる。

生涯自動車界に貢献した

1961年、ミニの成功により、イシゴニスはBMCのテクニカル・ディレクターに昇格、翌1962年8月にはXC/9002がBMC・ADO16(モーリス・1100)として市販化された。XC/9001の登場は最後になり、1964年10月にBMC・ADO17(オースチン・1800)としてようやく陽の目を見た。

イシゴニスは1967年、王立協会の会員となり、1964年に大英帝国勲章コマンダー(CBE)を受勲、1969年にはナイトの称号を授けられた。彼は今日ミニの設計者として最も著名であるが、本人はモーリス・マイナーの設計に参画したことこそが、上級車の快適性や利便性を勤労階級の手の届く価格の大衆車に盛り込んだという意味で最も誇らしいと考えていた。マイナーと比較するとミニはすべてを最低限までカットしたスパルタンな自動車であると言う。

イシゴニスは1971年に、企業合同を重ねてBLMCと呼ばれるようになった会社を引退、技術コンサルティング会社を死の直前まで経営した。
また、イタリアの巨匠、ピニンファリー(イタリアにある自動車のボディをデザイン・製造する会社、1930年デザイナーであるバッティスタ・ピニンファリーナ氏が設立。)とイシゴニスの会話の中で、イシゴニスは、「miniは私が死んでいなくなってもずっと流行っているだろう」という名言を遺しました。
そして、名言通りに、今なおミニは、愛され続けています。

一部、出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


クラシックミニと暮らそう

役立つミニの早わかり。ローバーミニ、クラシックミニの参考本。

 

便利なドライブ必須アイテム。
1.ひざのせトレー ドリンクや軽食などを、膝をはさんでしっかり安定。すべり止めが付いているので、ひざにしっかりフィット。
2.・パウダービーズの心地よい感触と流動性が首を優しくサポートしてくれます。・長距離移動やデスクワークの際に、背中に敷くと安定した姿勢がとれ、腰や背中への 負担を和らげます。

 

いろんなシーンで想い出を作ってくれるクルマです。現代の高性能なクルマにはない、何かを見つけて下さい。完全手動運転でしか味わえないものがあります。(笑)

 

クラシックミニのパーツ・アクセサリーは、簡単にネットで購入。

 

ミニのパーツは、たくさんありますが、現品限りや中古品が多いのでいつでも買えるわけではありません。見つけた時が買い時ですからチャンスをお見逃しなく。お値打ちのパーツは、すぐに売り切れます。シッカリ見て下さいね。

 

・クラシックミニのパーツは、どこかで誰かが、オークションに出してくれるんで助かりますよね。みんなで絶滅寸前のクラシックミニをシェアしている。そんなミニ愛を持っている個人個人が支えあっているのです。

 

クラシックミニに楽しく乗る方法‼

ローバーミニは、なるだけ近くの専門店で買いましょう。ミニの主治医は、専門店です。


最初に、心得としてクラシックミニは、”1,000%メンテナンスが必要です。”

ミニは、壊れるのではなく、部品の寿命が短かかったり、構造上劣化が早くなったり、グリスアップをして定期的なメンテナンスが必要だったりします。
MINI=すぐに壊れるのではなく、何もしなかったら動かなくなる事がある。が正解です。愛情がいるのです。ミニ愛。
MINIの部品は、まだまだあります。この車は、メンテナンスしながら乗れば、絶滅危惧車ですが、いつまでも走ります。

ミニは、特別な車です。基本設計は半世紀以上も昔の車です。
ミニの車検や整備は、絶対に自分の家から近いミニ専門店を調べて問い合わせすることからスタートです。
この車を走らすには、愛情と手間ヒマが、必要です。オイル交換をはじめとした点検整備が重要です。乗りっ放しには、できません。 なので、クラシックミニを熟知した専門店で相談して購入して下さい。 優しく、必要以上に説明してくれます。 専門店のオーナーは、商売よりミニが好きでたまりません。 このクラシックカーを一台でも残すために努力してくれます。中には、頑固な職人オヤジもいます。
※ちなみに、オジさんは、最初のミニクーパーを外車専門店で購入、見事にエンジンオイルがダダ漏れ、その他同時多発トラブルでギブアップ。泣く泣く最初のミニクーパーを手放しました。憧れのミニが嫌いになってしまったのです。(反省)でも、しばらくしてまた、買っちゃいました。

全国には、たくさんのクルマ買取業者があります‼

皆さんの地域には、どれくらいの業者がありますか? 一括査定が、一社でカバーできない場合は、一括査定を2社~3社に申し込む事をお勧めいたします。


【カーネクスト】
★全国どこでも引取り・手続き無料日本全国どこでもご希望の場所まで無料で引取りに伺います(一部離島を除く)。

かんたん、安心、高く売れる!車が高く売りたいならユーカーパックにお任せ!
★ユーカーパックは、簡単査定で納得価格。

しつこい営業電話なし!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】 ★45秒で入力完了!カンタン査定申込み翌日18時に最大10社以上の査定結果をお知らせ!

あなたの愛車は今いくら?ガリバーの【無料査定はこちら】
★どこの街にもあるおなじみのガリバー。初めての方でも、安心、ネットでカンタン、ラクラク入力。

カーセンサーnet
★【オークション型査定】連絡・査定は1社だけ!オークションにお任せ出品して、1番高い査定価格で買い取ってもらおう!

殿~っ。いきなり、宣伝いたしまするう~っ。知る人ぞ知る。殿シャツです。⇒TONOTOWN 【トノタウン】にて販売。一枚持っていたら楽しいポロシャツ。思わずニンマリ、周囲の人を和ますユーモアのあるポロシャツです。TONO~っ。殿~っ。胸の刺繍は、殿にござりまするう~っ。


コメントを残す





 こちらの記事もおすすめです。


1981年クラシックミニピックアップ

レトロなグリーンがバッチリ。 綺麗なピックアップミニですね。メッキ類がピカピカです。古い車が光っているとやっぱりカッコいい。フェンダーミラーはなく、ドアでもなくピラーについたミラーがお洒落ですね。白のホイールがグリーンに… 続きを読む »

 

1971年ミニミニ ウーズレー・ホーネット

テールラインが、決まっている。ミニの仲間。 カテゴリとしてミニなのか微妙ですが、仲間にしましょう。(笑) 初代ミニをベースにしたラグジュアリー・モデルが、ライレー・エルフとウーズレー・ホーネット。一応、ホーネットですが、… 続きを読む »

 

1965年ミニカントリーマン 850cc

鮮やかなサーフブルーが、よく似合う。 お約束のウッド枠が、ボディーのブルーとマッチして、可愛いミニに仕上がっています。エステートって色気があっていいですね。ゆっくりとのんびりとドライブしたい。自然の中で眺めてみるとカッコ… 続きを読む »

 

1971年オースティンミニバン 1400cc

イカツイ顔しているMINI。ボンネットもワイルド。 どんだけいじるんだー。オーバーフェンダーもタイヤもバッチリ。エンジンは、1400cc ROVER Kシリーズ。16vTwim Camに変更。カラーリングもナイス。エンジ… 続きを読む »

 

クラシックミニクラブマン1275GT

迫力のオーバーフェンダー。 シルバー塗装でバッチリと決まっている。デカいオーバーフェンダー。タイヤも決まって、エンジンもめちゃめちゃ綺麗。レカロシートで内装もカスタムされています。レーシーな仕上がり。メーター周りも半端な… 続きを読む »

 

 

関連記事 一覧


BLOG