ジョン・クーパー(John Newton Cooper )


ジョン・クーパー(John Newton Cooper )

偉業を成し遂げたジョン・クーパー

父チャールズ・クーパーは、キングストン・アポン・テムズ王立特別区のサービトンで、レーシングカーを修繕する小さなガレージを経営。
息子ジョンは15歳で学校を卒業し、まず工具屋の奉公、続いてイギリス空軍の計器担当者として第二次世界大戦に従軍します。
復員後、親子はプライベーターに対してシンプルかつ安価な単座席のレーシングカーを(しばしば軍の余剰品を用いて)製造・販売する仕事を始めます。
彼らの製造した車は非常に良い成果を挙げたためにすぐ需要が増加し、その結果1948年には彼ら自身の会社を設立してさらなる生産に努めることになります。
1950年代初期には、熱意ある英国人レーシングドライバーが皆そろってクーパー製マシンのステアリングを握っているようにさえ見えた。
実際、クーパーのF1マシンは当時の伝説的ドライバーたちによってドライブされていた 、ジャック・ブラバム、スターリング・モス、モーリス・トランティニアン、ブルース・マクラーレンである。
9年間でクーパーのチームはグランプリ16勝を挙げ、1959年と1960年にはブラバムとともに連続ワールドチャンピオンを獲得した。

ミニ・クーパーの誕生

親友のアレック・イシゴニスが設計したオリジナルのクラシックミニの能力を発揮させることに興味を持ったクーパーは、やがてミニのチューニングを手がけるようになり、1961年『ミニクーパー』誕生。
ジョン・クーパーによって1000台限定を条件に生産。ハイチューニングなミニの登場で、若者のハートをとらえた。
848cc/34psから、997cc/55psへパワーアップしたエンジンを積み、最高速度は140kmに達した。
1963年ミニクーパーを更にチューニング・アップ。モーリス・ミニ・クーパーS、オースティン・ミニ・クーパーSの登場。1275cc最高出力(76ps/6000rpm)

モンテカルロ・ラリーで勝利

1964,1965,1967年、伝統のモンテカルロ・ラリーで3回も勝利を飾っている。(本当は4回だが、うち1回は規定違反により失格)

ジョン・クーパーの生前に、クーパーの名はBMWにライセンスされ、新型ミニの上位モデルに付けられることになった。ジョンは息子のマイク・クーパーとともに、ローバーおよびBMWによる新型ミニのデザインチームにおける相談役を務めた。

クーパーはF1の発達期におけるF1チーム代表者の最後の生き残りであり、彼はモータースポーツ技術における英国の優位性を確立した。これは現在も続いている。
こうしたモータースポーツへの功績により、彼は大英帝国勲章(CBE)を授かった。彼は2000年に77歳で死去するまで、ウェスト・サセックスで家族経営するガレージの社長を続けた。

一部、出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


クラシックミニと暮らそう

役立つミニの早わかり。ローバーミニ、クラシックミニの参考本。

 

クルマというより相棒。
クラシックミニは、そんなクルマです。 何年たってもクラシックミニって色あせないクルマです。 そして、トラブルを想い出にすることができるクルマです。(笑) メンテナンスしながら乗れば、いつまでも走ることができるクラシックカーです。 ただし、家族で乗るファーストカーには、不向きですし もちろん走れますが、高速道路の利用もオススメしません。 トコトコとのんびり走る、新しい景色を発見しながら走る。 そんな、なんとも言えないクルマなのです。
 
※オジサンのMINIには、キーレスを付けていました。絶対便利ですよ。MINIは、低いので小さな鍵穴に毎回入れるのも面倒です。

 

いろんなシーンで想い出を作ってくれるクルマです。現代の高性能なクルマにはない、何かを見つけて下さい。完全手動運転でしか味わえないものがあります。(笑)

 

クラシックミニは、一緒に暮らす相棒です。
クラシックミニは、1000%メンテンスが必要不可欠です。 健康は、お医者さん選びと同じように、ミニ特有の持病をよく理解している専門ショップが必要です。主治医さんを探しましょう。 近くに良心的な専門店があれば、楽しいミニライフを満喫できます。 クラシックミニの部品は、ネットオークションでも出てきます。 クラシックミニと過ごす日々は、とにかく楽しい想い出となります。 地面を走ってるというゴーカートフィーリングを是非体験してみて下さい。

▼ミニ専門のパーツやレア部品は、ミニマルヤマのYAHOOショッピングで!!

 

クラシックミニのパーツ・アクセサリーは、簡単にネットで購入。

 

ミニのパーツは、たくさんありますが、現品限りや中古品が多いのでいつでも買えるわけではありません。見つけた時が買い時ですからチャンスをお見逃しなく。お値打ちのパーツは、すぐに売り切れます。シッカリ見て下さいね。

 

・クラシックミニのパーツは、どこかで誰かが、オークションに出してくれるんで助かりますよね。みんなで絶滅寸前のクラシックミニをシェアしている。そんなミニ愛を持っている個人個人が支えあっているのです。

 

クラシックミニに楽しく乗る方法‼

ローバーミニは、なるだけ近くの専門店で買いましょう。ミニの主治医は、専門店です。


最初に、心得としてクラシックミニは、”1,000%メンテナンスが必要です。”

ミニは、壊れるのではなく、部品の寿命が短かかったり、構造上劣化が早くなったり、グリスアップをして定期的なメンテナンスが必要だったりします。
MINI=すぐに壊れるのではなく、何もしなかったら動かなくなる事がある。が正解です。愛情がいるのです。ミニ愛。
MINIの部品は、まだまだあります。この車は、メンテナンスしながら乗れば、絶滅危惧車ですが、いつまでも走ります。

ミニは、特別な車です。基本設計は半世紀以上も昔の車です。
ミニの車検や整備は、絶対に自分の家から近いミニ専門店を調べて問い合わせすることからスタートです。
この車を走らすには、愛情と手間ヒマが、必要です。オイル交換をはじめとした点検整備が重要です。乗りっ放しには、できません。 なので、クラシックミニを熟知した専門店で相談して購入して下さい。 優しく、必要以上に説明してくれます。 専門店のオーナーは、商売よりミニが好きでたまりません。 このクラシックカーを一台でも残すために努力してくれます。中には、頑固な職人オヤジもいます。
※ちなみに、オジさんは、最初のミニクーパーを外車専門店で購入、見事にエンジンオイルがダダ漏れ、その他同時多発トラブルでギブアップ。泣く泣く最初のミニクーパーを手放しました。憧れのミニが嫌いになってしまったのです。(反省)でも、しばらくしてまた、買っちゃいました。

自分スタイルのミニを専門ショップで相談して見つけて下さい‼


ミニは、カワイイけど、どれに乗ったらいいのかわからない?と言う人が意外と多いです。 クラシックミニは、楽しい車です。あなたが探しているミニは、ベーシックな、メイフィア? レーシングなクーパー?それとも高級感のあるケンジントン?
限定でお洒落なポールスミスモデル? それとも自分だけのカスタム?
ATモデルもあるからAT限定免許の方も乗れる、あなたのミニが見つかりますよ。
価格には、必ず理由があります。ショップによく相談したらしっかり教えてくれます。 専門ショップのオーナーは、誰よりミニが好きでミニをいじってます。いじっているうちに そのままミニ専門ショップのオーナーになった人もいるぐらいです。
⇒あなたが乗りたいクラシックミニのタイプは?どれ?

全国には、たくさんのクルマ買取業者があります‼

皆さんの地域には、どれくらいの業者がありますか? 一括査定が、一社でカバーできない場合は、一括査定を2社~3社に申し込む事をお勧めいたします。
提携をしていなければ、査定する業者が少なくなります。 そのため、高額査定が提示される確率が下がります。なるだけ多くの業者に査定してもらいましょう。

【カーセンサーnet】


車を売るならカーセンサーへ!数社の見積もりを比較して、1番高い査定価格で買い取ってもらおう!
売却したい車のメーカーや車種などをご入力の上、一括で査定のお申込みができます。下取りより買取額が高価になる可能性あり!
他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報はもちろん、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です!
五十音や都道府県から、お近くの買取店舗の情報を紹介することもできます。

ローバー・ミニを売るときは、『カーセンサーNet』

殿~っ。いきなり、宣伝いたしまするう~っ。知る人ぞ知る。殿シャツです。TONOTOWN 【トノタウン】にて販売。一枚持っていたら楽しいポロシャツ。思わずニンマリ、周囲の人を和ますユーモアのあるポロシャツです。TONO~っ。殿~っ。胸の刺繍は、殿にござりまするう~っ。


コメントを残す





 こちらの記事もおすすめです。


クラシックミニの6輪商用車?

こんな車で駄菓子を売りに来られると買ってしまうかも。 なんでもありです。海外の6輪MINI。ショーケースがサイドウイングのドアから魅力的に展示されています。カッコいい。何を売っても売れてしまう感じがする(笑) 2021…. 続きを読む »

 

渋い。オースチンミニバン。

1979年オースチンミニバン。 ボロボロのオースチンミニバン。ここまでくると、年式なんかハッキリ言ってどうでもいい。(笑)このスタイル、どのように仕上げられるかわかりませんが、味がありますね。ミニには、不思議な味がある。… 続きを読む »

 

クラシックミニクラブマンエステートの青がカッコいい。

1979年クラシックミニクラブマンエステート。 ブルーのクラシックミニクラブマンエステート。この青は、カッコいいですね。レトロなラインもいい。カッチリとした青色でこの色のクルマは、走っていませんね。(笑)ミニらしい色です… 続きを読む »

 

レーサータイプのピックアップミニ。

少しロングボデイのピックアップ。 運転席の後ろに少し溶融の広さあり。オリジナルで広げたのでしょうか?カッコいいMINIのピックアップ。日本では、希少で見かけません。フェンダーも上手く仕上げてます、荷台のロールバーやマフラ… 続きを読む »

 

1969年式モーリスミニ・ピックアップ

定番のミニらしいピックアップ。 乗りたいミニのピックアップ。日本ではもはや希少です。ノーマルなミニのピックアップは、お洒落。サーフボードは、詰めないが・・・。いや、無理やり、荷台からはみ出るサーフボードもカッコいいかも。… 続きを読む »

 

 

関連記事 一覧


BLOG