ジョン・クーパー(John Newton Cooper )


ジョン・クーパー(John Newton Cooper )

偉業を成し遂げたジョン・クーパー

父チャールズ・クーパーは、キングストン・アポン・テムズ王立特別区のサービトンで、レーシングカーを修繕する小さなガレージを経営。
息子ジョンは15歳で学校を卒業し、まず工具屋の奉公、続いてイギリス空軍の計器担当者として第二次世界大戦に従軍します。
復員後、親子はプライベーターに対してシンプルかつ安価な単座席のレーシングカーを(しばしば軍の余剰品を用いて)製造・販売する仕事を始めます。
彼らの製造した車は非常に良い成果を挙げたためにすぐ需要が増加し、その結果1948年には彼ら自身の会社を設立してさらなる生産に努めることになります。
1950年代初期には、熱意ある英国人レーシングドライバーが皆そろってクーパー製マシンのステアリングを握っているようにさえ見えた。
実際、クーパーのF1マシンは当時の伝説的ドライバーたちによってドライブされていた 、ジャック・ブラバム、スターリング・モス、モーリス・トランティニアン、ブルース・マクラーレンである。
9年間でクーパーのチームはグランプリ16勝を挙げ、1959年と1960年にはブラバムとともに連続ワールドチャンピオンを獲得した。

ミニ・クーパーの誕生

親友のアレック・イシゴニスが設計したオリジナルのクラシックミニの能力を発揮させることに興味を持ったクーパーは、やがてミニのチューニングを手がけるようになり、1961年『ミニクーパー』誕生。
ジョン・クーパーによって1000台限定を条件に生産。ハイチューニングなミニの登場で、若者のハートをとらえた。
848cc/34psから、997cc/55psへパワーアップしたエンジンを積み、最高速度は140kmに達した。
1963年ミニクーパーを更にチューニング・アップ。モーリス・ミニ・クーパーS、オースティン・ミニ・クーパーSの登場。1275cc最高出力(76ps/6000rpm)

モンテカルロ・ラリーで勝利

1964,1965,1967年、伝統のモンテカルロ・ラリーで3回も勝利を飾っている。(本当は4回だが、うち1回は規定違反により失格)

ジョン・クーパーの生前に、クーパーの名はBMWにライセンスされ、新型ミニの上位モデルに付けられることになった。ジョンは息子のマイク・クーパーとともに、ローバーおよびBMWによる新型ミニのデザインチームにおける相談役を務めた。

クーパーはF1の発達期におけるF1チーム代表者の最後の生き残りであり、彼はモータースポーツ技術における英国の優位性を確立した。これは現在も続いている。
こうしたモータースポーツへの功績により、彼は大英帝国勲章(CBE)を授かった。彼は2000年に77歳で死去するまで、ウェスト・サセックスで家族経営するガレージの社長を続けた。

一部、出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


クラシックミニと暮らそう

役立つミニの早わかり。ローバーミニ、クラシックミニの参考本。

 

女子が喜ぶ、あったら便利な必須アイテム。ドライブに一緒に行こう。

★ワイヤレス充電対応のスマホは充電ケーブルに接続する必要がなく、本製品にセットすることにより充電が始まります。

 

★車でいつの間にか、ぬる〜くなってしまうドリンクを、いつでも冷たく、または温かく飲めるようになるドリンクホルダーです。

 

★シートフック ベルトタイプ ヘッドレスシャフトに引っ掛けるだけ 簡単取付 耐荷重は、用途に合わせて選びましょう。

 

★ひざのせトレー ドリンクや軽食などを、膝をはさんでしっかり安定。すべり止めが付いているので、ひざにしっかりフィット。

 

★パウダービーズの心地よい感触と流動性が首を優しくサポートしてくれます。・長距離移動やデスクワークの際に、背中に敷くと安定した姿勢がとれ、腰や背中への 負担を和らげます。

.
 

クラシックミニのパーツ・アクセサリーは、簡単にネットで購入。

 

ミニのパーツは、たくさんありますが、現品限りや中古品が多いのでいつでも買えるわけではありません。見つけた時が買い時ですからチャンスをお見逃しなく。お値打ちのパーツは、すぐに売り切れます。シッカリ見て下さいね。

 

・クラシックミニのパーツは、どこかで誰かが、オークションに出してくれるんで助かりますよね。みんなで絶滅寸前のクラシックミニをシェアしている。そんなミニ愛を持っている個人個人が支えあっているのです。

 

クラシックミニに楽しく乗る方法‼

ローバーミニは、なるだけ近くの専門店で買いましょう。ミニの主治医は、専門店です。


最初に、心得としてクラシックミニは、”1,000%メンテナンスが必要です。”

ミニは、壊れるのではなく、部品の寿命が短かかったり、構造上劣化が早くなったり、グリスアップをして定期的なメンテナンスが必要だったりします。
MINI=すぐに壊れるのではなく、何もしなかったら動かなくなる事がある。が正解です。愛情がいるのです。ミニ愛。
MINIの部品は、まだまだあります。この車は、メンテナンスしながら乗れば、絶滅危惧車ですが、いつまでも走ります。

ミニは、特別な車です。基本設計は半世紀以上も昔の車です。
ミニの車検や整備は、絶対に自分の家から近いミニ専門店を調べて問い合わせすることからスタートです。
この車を走らすには、愛情と手間ヒマが、必要です。オイル交換をはじめとした点検整備が重要です。乗りっ放しには、できません。 なので、クラシックミニを熟知した専門店で相談して購入して下さい。 優しく、必要以上に説明してくれます。 専門店のオーナーは、商売よりミニが好きでたまりません。 このクラシックカーを一台でも残すために努力してくれます。中には、頑固な職人オヤジもいます。
※ちなみに、オジさんは、最初のミニクーパーを外車専門店で購入、見事にエンジンオイルがダダ漏れ、その他同時多発トラブルでギブアップ。泣く泣く最初のミニクーパーを手放しました。憧れのミニが嫌いになってしまったのです。(反省)でも、しばらくしてまた、買っちゃいました。

愛車を売るなら複数の業者でシッカリ査定してもらいましょう。

今は、便利な時代です。家にいながら簡単にネットで愛車の買取りの査定ができます。価格の差が、必ずでます。一番高い買取業者に売るだけです。面倒な手続きは、必要ありません。

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

【人気の広告】

          

 

殿~っ。知る人ぞ知る。殿シャツです。⇒TONOTOWN 【トノタウン】にて販売。思わずニンマリ、周囲の人を和ますユーモアのあるポロシャツです。TONO~っ。殿~っ。胸の刺繍は、殿にござりまするう~っ。


コメントを残す





 こちらの記事もおすすめです。


1966年クラシックローバーミニクーパー

MK1 MORRIS MINI COOPER。 グレーのボディに黒のアルミホイールが決まっている。ルーフのソフトトップもお洒落。白とグレーのシックな内装がマッチしている。ミニは、いろんな定番がスタイルがあって本当に楽しめ… 続きを読む »

 

1990年クラシックローバーミニクーパー

1000ccのミニ。 鮮やかなメタリックグリーン。チューニングされて、ボンネットも交換。このボンネットの開き方は、カッコいい。ホイールは、決まってハンドルもクーパー。インテリアは、センターメーターでウッドで高級感を演出。… 続きを読む »

 

モリスミニクーパーSモンテカルロレプリカ

ラリー仕様のミニ。 この小さなミニが悪路を走行する。男心をくすぐります。鮮やかなオレンジがナイス。屋根にスペアタイヤ。室内のロールバー。メーター周りも機械式のストップウオッチがついて、レプリカですが、本物さながらなこのス… 続きを読む »

 

1981年クラシックミニピックアップ

レトロなグリーンがバッチリ。 綺麗なピックアップミニですね。メッキ類がピカピカです。古い車が光っているとやっぱりカッコいい。フェンダーミラーはなく、ドアでもなくピラーについたミラーがお洒落ですね。白のホイールがグリーンに… 続きを読む »

 

1971年ミニミニ ウーズレー・ホーネット

テールラインが、決まっている。ミニの仲間。 カテゴリとしてミニなのか微妙ですが、仲間にしましょう。(笑) 初代ミニをベースにしたラグジュアリー・モデルが、ライレー・エルフとウーズレー・ホーネット。一応、ホーネットですが、… 続きを読む »

 

 

関連記事 一覧


BLOG