全国クラシックミニ | ローバーミニの販売専門店


国内のクラシックミニ・ローバーミニの在庫が一覧できます!!

 

このサイトは、日本全国にあるクラシックミニ・ローバーミニの専門ショップを紹介しています。購入前の在庫確認やお見積り、問い合わせなどにご利用ください。ミニとの出会いを応援しています。
オジさんですが、私のミニ歴は、2台目です。

ミニを購入する時に知識がなかったので購入前にネットでずいぶん調べた記憶があります。2台目ですから最初のミニは、購入する。 乗ってみる。 手放す。 という経験をしました。
そして、メンテナンスフリーな国産車に乗るのですが、ミニのフィーリングが忘れられずにもう一度ミニに戻りました。現在も毎日ミニで通勤です。

不自由ない国産車からあえてまた、ミニを選んだのは、上手くは言えませんが、ミニからしか得ることのできない楽しさがあります。

ミニは、単なる車ではなく、人によれば相棒であり、手間もヒマもお金も(少しだけ)かかるけど愛着がわくクルマなのです。

最初のミニ・クーパーは、一目ぼれの衝動買いでした。見た瞬間にこれしかないと思いました。(笑)

ですが良い専門店に巡り会えなかったことにより手放してしまいました。その経験をもとにクラシックミニの専門ショップを紹介しております。

メンテナンスが、1,000%必要ですから、必ず専門ショップで購入下さい。
専門ショップ選びは、とても大事ですが、自分で乗るミニです。多少は、自分でも調べて勉強も必要です。

各専門ショップページには、HP、Facebook 、BLOG、オンラインショップなど記載されています。

新車のクラシックミニはありません。専門ショップは、旧いミニを元にして、サビなどを取り除き、キズやヘコミを修復しオールペイント(全塗装)。不具合や劣化した部品をコツコツ交換して普通に公道を走れるミニにを作り上げます。
スペシャリストですからもちろん技術があります。BLOGを読んだりすると、考え方もわかります。メンテナンスに始まり専門知識、ミニとの向き合い方や人生観なんかも伝わりますよ。考え方も仕事に出てきます。

ミニの専門ショップは、趣味性が強烈なので頑固な職人気質のオーナーが、いるような気がしますが、ミニのイベントやツーリングをお客さんと一緒に楽しむ優しくてフレンドリーな方が多いです。ただし、ミニ愛は凄いですよ。
仕事=ミニですからね。

 

たくさんの専門ショップを掲載しているうちに、こんなミニに乗りたいと思うよりはこの人が手掛けたミニに乗ってみたいと思うことがあります。
3台目のミニを買う時はこの人に作ってもらいたい。お店も重要だけど人間性もありますよね。そういった意味でこのサイトを是非、ご利用下さい。

 

クラシックミニに乗ろう!!こんなに楽しいクルマはない!!

 

クラシックミニに興味を持ったら、是非乗って下さい。

乗らずに後悔するよりも乗ってからの手間を楽しんで下さい。決して大きな後悔はありません。きっとあなたのたくさんの想い出を作ってくれますよ。

クラシックミニは、1,000%メンテナンスが必要です。
自転車と同じですよ。タイヤの空気をいれたり、油をさしてあげたりする事が必要です。ほったらかしには、できません。

本来、クルマは、安心・安全・快適・メンテナンスフリーを追究して飛躍的に進歩してきました。未来は、全自動運転です。(それならタクシーでいいと思いませんか?)

 

 

ミニは、完全手動運転です。手動ウインドウ、手動ミラー、両腕ステアリング。音や匂いも気にするので五感と体力を使います。(笑)

 

豪華な装備の便利なクルマが開発されても、多くの人が手間がかかるクラシックミニに惹かれます。それは、クラシックミニからでしか感じることのできないクルマとしての魅力がたくさん詰まっているからです。

このクラシックミニは、誰もがいつまでも消える事無く走り続けて欲しいと願っています。みんなに愛されている車なのです。

オジさんも毎日の通勤で、クラブマンのエステートに乗ってます!!
※時々、妻の国産車に乗ると楽チンでいいなぁと思う時もある。

不細工(ブサイク)モデルのクラブマンのエステートって言われてますが、
私は、とても気に入ってます。まぁ、カワイイマスクのミニの親戚筋と思ってください。(クラシックミニ歴、2台目。家族に内緒で3台目を狙っているのですが、厳しい監視。)

メカオンチのオジさんでも、2台のミニに乗れて夢が2度叶いました。(嬉)

周りからは、『こんな旧いミニに乗るより壊れない国産の軽四に乗りなさい!』と言われて耳にタコができましたが・・・。

■オジさんの走行BLOG

※オジさんのクラブマンエステートは、ローバーミニの1300ccエンジンを搭載。 シングルキャブのAT仕様です。走行距離は、レストア後のセンターメーターよりカウントしています。 毎日の通勤に使用してます。クラシックミニに乗りたい‼、クラシックミニは、壊れる?興味関心がある方は、参考にして下さい。⇒ミニあるある?
⇒ロバーミニのパーツをアマゾンで購入

 

 

クラシックミニは、愛され続けるクルマです。

クラシックミニの魅力は、語りつくせない!!

クラシックミニって正直、どこから見ても可愛くないですか?

小さなタイヤに丸っこいような四角いボデイ、それだけなのにとてもクルマらしい。

前から見ても愛らしい顔つき、伝統的で気品も兼ね備えた英国生まれの車です。

時代遅れのクルマなのにインテリアを含めシンプルなデザインがとてもお洒落でモダンです。

クラシックミニのヒストリー

 

 

クラシックミニが誕生したのは、1959年のイギリスです。!!

 

イギリスでは、1956年に始まった第二次中東戦争(スエズ動乱)の影響を受けて石油の価格が高騰してしまいます。

このような時代背景により必然としてミニが生まれたことも奇跡ですが・・・。
当時のBMC(British Motor Company)が、燃費の良い自動車の設計の為に、

サー・アレック・イシゴニス(Sir. Alec Issigonis)に依頼して設計を開始。
傘下のモーリスとオースチンで生産を開始します。

 

その後、1968年にBMCは同じイギリスのレイランドと合併してBLMCとなり、BLMCミニとしてそのまま生産が続きます。
現在はみなさんもご存知のドイツのBMW の傘下となり。BMW がローバーという名前ごと買い取ったので、ミニの最終はローバー・ミニとなります。

現行のドイツのBMWミニ、NEWミニと分類するために、旧いミニは、クラシックミニ、ローバーミニと呼ばれています。
特に有名なミニ・クーパーは、後に紹介するミ二のモデル名です。

今なお街で時々見かける走るクラシックミニは、当時としては考えられない革新的な設計の車でした。

1900年代前半の自動車は、後方エンジン、後輪駆動という設計が主流でしたが、イシゴニスは、エンジンとトランスミッションを一体化させ、それをボンネットの中で横置きとします。前方エンジン、前輪駆動を可能にする設計を考え出します。

タイヤをボディのなるべく4隅ギリギリに設置するレイアウトや4輪独立懸架サスペンション。10インチホイールのタイヤメーカーと開発・採用することによる重心の低下と安定性。

ゴムの反力を利用したラバーコーン式、ギアの潤滑はエンジンオイルを共用する構造等、その他いろいろ新しい工夫がされました。
これによってスペースの有効活用が可能となり、「大人4人が無理なく乗れる。十分な運動性能と優れた経済性を両立させる。今までのどんな小型車よりも、小さい。」という難題をすべてクリア完成させました。

 

もともとは、理想の大衆車を目指して開発されたミニでしたが、当時の自動車レース界で有名な技術者だった。

ジョン・クーパーは、クラシックミニのクイックなハンドリングに魅せられ、この車をレーシング用に改造する企画をBMCに持ち出します。

この企画はすぐに採用され、クラシックミニのレーシングタイプが生産されます。このようにして、走りの性能を向上させるべく改良設計されたものが、「ミニ・クーパー」というモデルの原型です。

ジョン・クーパーの提案で設計されたミニクーパーは、その後の様々な自動車レースの舞台で次々と素晴らしい結果を残します。

1964年には、モナコ山中の険しいアイスバーンという悪条件の中で行なわれたモンテカルロラリーにおいて、ライバル車を相手に見事優勝を飾ります。
ヘアピンカーブの連続する険しい山道では、ミニクーパーの優れたハンドリングは他のどのような車も寄せ付けず、ミニクーパーは1965年にもこの同じ大会で優勝し、1967年には最後の最後までポルシェや他のライバル車と優勝を争った後、わずか13秒差で3回目の優勝を果たします。

ミニといえばミニ・クーパーの伝説はここからきています。
ミニってカッコいい~っ。

クラシックミニは、眺めているだけでも癒してくれるそんなクルマです。

  
あなたの街にクラシックミニの専門店があるかチェックしてみて下さい。
約500台のローバーミニを一覧できます。 

※お見積りもメールで簡単OKですよ。気になるところも写真で送ってくれますよ。

クラシックミニに乗りたくなったら専門ショップで相談‼


クラシックミニは、”1,000%メンテナンスが必要です”だから専門店で相談しましょう。 ミニは、特別な車です。基本設計は半世紀以上も昔の車です。
”何処で買うか?”も大事ですが「”誰から買うか?”も大事です。修理やメンテナンスを気持ちよく引き受けてくれる、専門ショップを探しましょう。 この車を走らすには、愛情と手間ヒマが、必要です。オイル交換をはじめとした点検整備が重要です。乗りっ放しには、できません。 なので、クラシックミニを熟知した専門店で相談して購入して下さい。 優しく、そして、必要以上に説明してくれます。 専門店のオーナーは、商売よりミニが好きでたまりません。 このクラシックカーを一台でも残すために努力しています。
※ちなみに、オジさんは、最初のミニクーパーを外車専門店で購入、見事にエンジンオイルがダダ漏れ、その他同時多発トラブルでギブアップ。泣く泣く最初のミニクーパーを手放しました。


⇒カワイイ!!ローバーミニの中古一覧をご覧下さい。

クラシックミニに乗りたい方や、メンテナンスが心配な方は、
あなたの街にクラシックミニの専門店があるかチェックしてみて下さい。

全国には、長年の経験と豊富な専門知識、確かなメンテナンス技術を持ったクラシックミニの専門ショップがあります。頑固なメカニックもいます。
全国のクラシックミニの専門ショップの中には、
⇒きっと貴方のMINIをバックアップしてくれる専門店が見つかります。

クラッシックミニの専門店情報を集めています。

全国のクラシックミニショップのオーナーさんの熱い想い、豊富な知識と長年の経験がHPやBLOGで語られています。それこそが、ミニのメンテナンスの教科書です。ミニに興味、関心がある方は、是非、参考にしてし下さい。

だんだん、少なくなってきているクラッシックミニ。絶滅危惧車です。
MINIに乗りたいけど詳しくわからない、情報や口コミを知りたい、
どこに専門店がありるか知りたい、是非、当サイトを参考にして下さい。
まだまだ、全国のクラシックミニ専門店を把握できてません。(汗)
1961年式のオジさんが、一人で全国のクラシックミニ専門店を追加・掲載中です。目も悪く動作も鈍いのですが、クラシックミニがいつまでも走り続ける事を願っています。
未掲載のクラシックミニの専門店がありましたら是非、ご連絡ください。
各地域ごとのページも順次掲載中です。

●専門ショップがありましたら下のコメント欄によろしくお願いします。

●掲載に関しまして誤った情報は、ご一報下さい。加筆・訂正・削除いたします。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

クラシックミニの役立つ情報があったら是非コメント下さい。

クラシックミニ乗り頑張れ!そして、オジさん。

  • 【最新のコメント】

    ミニのコメント下さいね!
コメントなし
LINEで送る つぶやく